狩萬の里/山暮らし(旧都路村)

アクセスカウンタ

zoom RSS 狩萬林道に春が来た!?

<<   作成日時 : 2014/02/24 17:50   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6


午前中、小さなバックホーで苦戦していたらホイールローダーが来てくれました。嬉しい!! 見とれてしまいますね。

画像
凹状になったところは雪が多くてローダーでも苦戦してます。

画像
行政の除雪は狩萬林道の奥にある広場までだそうです。委託業者の方と話しをしましたが、土曜日に依頼されたそうです。産業建設課や区長にお願いしたのが効いたようですね。まあとりあえず陸の孤島から脱出です。

仮住まい小屋までは車を入れることが出来ました。ログハウスまでは残り70メートルほどです。


にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ ←明日は雪かきの仕上げ、狩萬林道開通でしょう‥‥それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励みになります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
仮住まい小屋と山荘本棟とは70Mはなれていますようで、屋敷の大きさ凄い広さですねー。
さとし君
2014/02/24 23:11
説明不足でゴメンです。仮住まい小屋とログハウスは雑木林内を直線で30m位です。70mとは舗装道路が他人様の土地を含めてハチマキ状に廻ってログハウスに来ているのでその距離です。
我が家には平らなところはひとつも無く南東面に向いた雑木林の一部で2反ほど、移住して来た人の中では狭い方でしょう。街中と広さの感覚がまるで違います。ブロック塀で仕切っているわけではないのですから、先祖代々から住んでいる人は我が家はあの山からあの川までの間という感じです。
芋久保
2014/02/25 08:09
何でも言ってみるものですねぇ。
特に行政に対しては黙っているといつまでも気がついてくれません。
言った者勝ちの感がありますが(笑
Dra&長靴
2014/02/25 08:51
元行政にいたものとしては、えっそんな奥にも誰か住んでいたの?山里の仙人か?こりゃ大変!高齢者?とかなんとか。体躯の頑丈そうな偉丈夫にどうも!といわれて???役所も頑張っています。ログハウスが作れるほど頑健ではないかも。まっ業者の手配だけですから、いえば直ぐですよ。行政には気軽にに声をかけてください。いい人多いんですよ!
古代子孫
2014/02/25 10:15
Dra&長靴さん、そうですね。ダメモトで言うべきことはハッキリ言いましょうですね。役場に乗り込んでい行くのが一番効果があるみたいデス。
芋久保
2014/02/25 19:43
古代子孫さん、地元の方が1メートルでも道路の近く出ていく、というのが何となくわかります。でも都会からの移住者にはなかなか理解出来ません。道路沿いの騒音や排気ガス等、都会生活で充分過ぎる位感じてますから‥‥ たとえ除雪が遅れてきても、勤め人ではないのでゆっくり時間かけて雪遊びが楽しめます。お金で買えない素晴らしい体験でしょう!!
また大雪で除雪車こなかったら都路行政局産業建設課に電話しますよ〜ん。
芋久保
2014/02/25 19:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
■過去の記事
(2005.11.22から2011.12.31)ご覧になりたいときはこちらからです。


■マシンカットログハウス
セルフビルドの記録
画像
画像
画像
キートスの
セルフビルダー達


■田舎暮らしの本
[雑誌] P26〜27
2009年2月号

画像

■夢の丸太小屋に暮らす
[雑誌]表1&P26〜31
2013年9月号

画像

狩萬林道に春が来た!? 狩萬の里/山暮らし(旧都路村)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる