狩萬の里/山暮らし(旧都路村)

アクセスカウンタ

zoom RSS いっぱい刺激をもらい、頭が疲れた?

<<   作成日時 : 2014/04/06 17:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は福島大学で開催された「第2回「原発と人権」全国研究・交流集会」の全体会に参加しました。
詳しくはこちらです。

画像
画像は真木實彦さん、福島大学名誉教授。

「お誘い」がすべてを表していますね。
私たちは、一昨年4月に、「『原発と人権』全国研究・交流集会 in 福島」を開催しました。この企画の趣旨は、第1に、福島第一原発事故の原因と責任、その未曾有の被害をできるだけ明らかにすること、第2に、人権侵害・コミュニティ破壊からの回復、完全賠償、そして原発のない社会を目指すこと、第 3に、その為に、全国の法律家、社会科学者、自然科学者、医者、ジャーナリストをはじめ、支援の市民が一堂に会して分野を越えた連携を強めることでした。この企画は全国から500名以上の人々が集まり、大きな成功を収め ました。
その後2年が経過しましたが、事故は「収束」などにはほど遠く、原発は汚染を拡大し続け、今なお約14万人の避難者の帰還、被害の回復・補償・賠償は遅々として進まず、被害者達は、様々な新たな困難に直面しています。 他方、事故原因の究明は不十分なまま放置され、東京電力も政府も責任逃れに終始し、政府は原発の再稼働に前のめりとなり、原発の輸出まで推し進めています。
こうした状況の下、私たちは、この事故の風化を許さず、現在の被害の状況と情勢の全体像をしっかりと把握し、運動の課題を明らかにし、全国に広がっている「被害回復」「脱原発」の運動の連携を進めること、さらには原発 輸出を阻止するためにも国際的連帯を目指して、「第2回『原発と人権』全国研究・交流集会 in 福島」を企画致しました。ぜひご参加下さい。


画像
終わったのが18時過ぎ、冬に戻ったような寒い一日でしたが、いっぱい刺激をもらい、頭が疲れた?感じでしたね。
2日目の第1分科会は「生業訴訟原告団」が担当です。もう少し主体的にかかわっていたなら、全体会よりこちらにでないといけないのだけど‥‥ゴメンなさい。
あれから3年。全国で5000人以上の被害者が、13か所の裁判所で、原状回復と完全賠償を求めて立ちあがっています。しかし、これまで、国や東電による線引き、滞在者と避難者の距離感もあり、被害者同士が連携を図ることが難しい状況にありました。国と東電の責任を認めさせ、被害者の要求や想いを実現させるためには、各地に避難した被害者と、地元に留まっている被害者、そして支援する人々が団結していかなければなりません。みんなで今後の取組について交流する第一歩にしよう――それがこの分科会です!
「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟原告団は、皆さんの参加を心から呼びかけます!!


にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ ←今日は石窯プロジェクト一歩前進です‥‥それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励みになります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
■過去の記事
(2005.11.22から2011.12.31)ご覧になりたいときはこちらからです。


■マシンカットログハウス
セルフビルドの記録
画像
画像
画像
キートスの
セルフビルダー達


■田舎暮らしの本
[雑誌] P26〜27
2009年2月号

画像

■夢の丸太小屋に暮らす
[雑誌]表1&P26〜31
2013年9月号

画像

いっぱい刺激をもらい、頭が疲れた? 狩萬の里/山暮らし(旧都路村)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる