狩萬の里/山暮らし(旧都路村)

アクセスカウンタ

zoom RSS 地下にあかり取り窓です

<<   作成日時 : 2015/03/21 18:14   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
地下の入り口横に間仕切り壁があります。昼間でも履き物が見えないほど暗かったのです。その場所にあかり取り窓です。まずは墨だししてから丸のこ、四隅の残った所は手ノコです。

画像
この壁は、コンパネに珪藻土を塗ってあります。窓枠を回す為に裏側はあて木を固定します。窓枠は1×4材の半端ものをなんとか集めました。

画像
裏側は物置ですから、表側だけきれいに仕上げればいいのです。細い材をペアガラスの押さえに回します。珪藻土と窓枠の隙間は白っぽいコーキングで仕上げました。これで昼間は電気を付けなくてもよくなったのだから、立派な省エネですね。

画像
直流の照明回路に専用のブレーカーを取りつけました。あかり取り窓の裏側です。一次側はVCTの3.5×3芯で、二次側はFケーブル1.6×2芯です。直流はプラスが赤、マイナスが黒と決まっているので、一次側は白線をカットすれば、赤・黒で問題なし、Fケーブルは白・黒なので間違わないように白に赤テープを巻きました。昨日通線してスイッチのジョイント等では交流と違うので注意して行いました。プラスが白ですからね。ジョイント後のテープ巻きは赤テープを使いました。後はバッテリーボックス内にヒューズを入れましょう。

画像
スライド丸のこ等を出したついでに額縁を作りました。清志郎のギターイラストが納まりました。カッコイイな〜、さあ何処に飾ろうかな〜

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ ←日曜もいろいろ、そして明日は夕方は街に‥‥それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励みになります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに直流利用を前提としたケーブルでない限り赤/黒の組み合わせケーブルは無いですね。
NFBへ接続部分等で、線色が違う電線を誤認しないようにビニールテープで被服にまいて色を変えるというのは、プロの電気工事屋でもやってます。流石です。
あと、余談ですが系統連系太陽光発電の直流回路は、一般的にプラスが黒、マイナスが白です。
電気工事士が施工するので、交流回路の意味合いと同じ意味で工事できるように線色が決まっているようです。
当家の独立系1号は系統連系の線色に倣いました。
系統連系の工事は4月だそうですが、工事が終わったら専用ケーブルの余剰品は、貰っておくと良いでしょう。長州だとPVC-CN20Aとして1回路当たり20m巻の購入部材なので、施工後の余り部材はあらかじめ頼んでおけば廃棄されずに取ってもらえるでしょう。
当家の1号機のパネル接続ケーブルは、この余剰ケーブルの再利用です。
七転び
2015/03/22 09:40
同じ電気屋が交流・直流を同時に通線するとなったら混乱しますよ、交流と同じにした方が間違いない、何となくわかる感じがします。大元で赤が黒に、黒が白にかわる所だけ要注意ですけど‥‥
ケーブルのあまりは置いていってもらいま〜す。
直流を家庭で使う為の専用部材等もこれから多く出て来るでしょうね。交流のように電圧を統一する動きがあるのでしょうか。48Vとかに‥‥
芋久保
2015/03/22 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
■過去の記事
(2005.11.22から2011.12.31)ご覧になりたいときはこちらからです。


■マシンカットログハウス
セルフビルドの記録
画像
画像
画像
キートスの
セルフビルダー達


■田舎暮らしの本
[雑誌] P26〜27
2009年2月号

画像

■夢の丸太小屋に暮らす
[雑誌]表1&P26〜31
2013年9月号

画像

地下にあかり取り窓です 狩萬の里/山暮らし(旧都路村)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる