テーマ:DIY

微調整機能+安全対策‥‥

丸ノコテーブルは縦切りが得意ですが、横切りは治具(クロスカットスレッド)が無いと難しい‥‥ 一般的にノコ刃交換後に再調整(直角が出ているか?)が必要となります。  そこで微調整ガードを設けます。微調整ガードは横切り治具に、鬼目ナット6ミリ(3ヶ所)を埋め込んで下部からビス止め‥‥ 微調整ガードは、手前のガードに鬼目ナット(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸ノコテーブルのスイッチ改良

丸ノコテーブルのスイッチ、なかなか出来なくてやっと‥‥ブレーキが効かないのは危ない‥‥ ネット上には諸先輩の改良事例が数多くupされています。いつものいいとこ取りで‥‥ 3路スイッチを新設して、トリガースイッチをなくす方式に‥‥ それも手持ちの材料で‥‥ ブレーキのしくみは、スイッチOFFの時にブレーキ用に設けたコイルに電流を逃がし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収納BOXの取り付け‥‥

ロフトのトイレ内に、もらい物の収納BOXを取り付けました。取り付け壁は石膏ボードなので横桟を2本いれ、その横桟にビス止めです。 収納BOXの奥行きが13センチでラバーカップが少し出っ張るので、奥のベニヤに開口を設け調整‥‥ 床に掃除用具を置くのは嫌いなので、スッキリ整理が出来て良かった〜 ■それぞれポチッとポチッとしてくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天板直しがここにも‥‥

ウッドデッキのログテーブルです。 先日学習しているので、段取りよくスムーズ‥‥ ガレージ前で凸部を削ります。 チーク2回+とうめい1回塗り‥‥ 夕方にはウッドデッキに戻ってきました。 やり始める前はたいへんそうだけど、始めたらそれなりにうまくいくモンです。 何事もはじめの一歩が大切ですな〜 ■それぞれポチッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ログのテーブルが戻ってきた‥‥

1年であれだけ反ってしまったので、中央付近に凹み設けました。この読みが当たれば、来年は真っ平らになります。 ■それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励みになります。勉強になるブログがいっぱいあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ログテーブルの天板直し(その3)

ガレージ前でサンダー掛け、午後からは雨になりそうなので、ガレージ内に移動‥‥ 塗料は最近水性ばかり‥‥メイプル2回塗り+とうめい1回塗りです。 ガレージ内で乾燥中‥‥ ■それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励みになります。勉強になるブログがいっぱいあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・ログテーブルの天板直し‥‥

外階段ルートはらくちん‥‥ ガレージ前に馬をセットして‥‥ 荒げ削りは曲面カンナ、仕上げは手カンナ+ベルトサンダーで仕上げます。 二枚並べて調整‥‥ 節の陥没跡は埋め木処理‥‥ ■それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励みになります。勉強になるブログがいっぱいあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ログテーブルの天板直し‥‥

キッチンのログテーブル(40㎝×2m×12㎝厚の2枚あわせ)それぞれの中央が盛り上がって‥‥ グラスを置くときなど注意しないと‥‥ 数年前からなんですが‥‥なんとかせねば‥‥ 一枚だけ取り外して、工房まで運びました。なんと重たいこと‥‥ 今日運搬ルートは地下まで室内階段、残り一枚は玄関を出て外階段で行きましょう。 設置した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸ノコテーブルの調整

昨年12月から使ってきた丸ノコテーブル‥‥  ノコ刃と天板がこすれるようになってきました。天板は5.5ミリ厚のベニヤですからね。 丸ノコを取り外して‥‥ 隙間をコンマ数ミリ広げました。スムーズに回転するようになりましたが、ちょっとミスあり‥‥画像手間のビスを締めすぎました。 1ミリほど頭が陥没‥‥ 次回メンテ等の時はワッシャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「工房プロジェクト」と名付けた

ブログのテーマ分けですが、以前「ガレージプロジェクト」というのがあったので、今回は「工房プロジェクト」と名付けました。 皆さま、応援をヨロピク‥‥  ケツを決めてた方が怠けないで頑張ると思うので、ここで宣言!!  「誕生日」までになんとかしたい‥‥  71歳中に完成して72歳から運用開始です。 入り口になる南面の片付け‥‥ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーザー墨出し器デビュー

レーザー墨出し器を使ってみました。もちろんDIYモデルですからショボイ!? 管理人にはピッタリかも‥‥ ログハウスのロフトでレベル出しに苦労したことを思い出しました。 ウッドデッキ下部の工房作りに光が差した‥‥  思っていた以上の高低差、画像の手前側と奥側で60センチほど‥‥ ■それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスクサンダー作りの続きですが‥‥

ディスクの手前に台を設けてディスクとの直角を確認します。 元高速カッターと台の固定はL型金具で‥‥ 紙ヤスリ(#120)を円形にカットしてボンドで貼り付けます。 クランプで固定中‥‥ 台の部分にはニスを塗ってほぼ完成です。これでまた木工作業が快適に楽しくなってきますね。 ■それぞれポチッとポチッとしてくださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速カッターをディスクサンダーに‥‥

使わなくなった高速カッターがあったので‥‥刃の所にコンパネの円盤を取りつけて表面にサンドペーパーを貼り付けます。トリマーのサークルカット治具が大活躍‥‥ 最終的に円盤(220ミリφ)の3枚重ねとなりました。 まだ完成したわけではないけど、高速カッターより丸ノコのほうが作りやすいかも‥‥回転数をコントロールするのに調光器を使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暖かい雨で雪解けが加速するとよんで‥‥

昨夜からの雪は午後から雨に‥‥ 10センチほど積もりましたが、暖かい雨で雪解けが加速するとよんでユンボは出動せず‥‥ トリマーのサークルカット治具が完成、アマニ油をすり込みました。 センターピンは4ミリの皿ビスで、直径4センチから最大74センチまでの穴あけに対応しますが、訳ありで37〜40センチ間は未対応です。中間バーの抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円形の穴あけが楽しくなる!?

トリマーのサークルカット治具を作ってみよう。穴あけがきれいに出来れば楽しくなる!? こと間違いなし‥‥ 未完ですが、全体像が見えてきたので公開しま〜す。 ウッドデッキ下部の薪だなを片付けた材の行く先は、雑木林上部の「薪だな第2号」と、石窯小屋の「薪だな第3号」を拡張して積み上げ波板で覆いました。 空っぽになったウッドデッキ下部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドリルスタンドのテストだ〜

ちょっとドキドキ‥‥ 手持ちの一番細いキリ(2ミリ)をセットして、材料は杉の4センチ厚、裏表に鉛筆でポイントをマークしてからGO! 数回テストをおこないましたが、毎回少しズレがあります。ズレの方向に統一性があれば直しが可能ですがね。 毎回バラバラではお手上げ‥‥ 管理人が作るドリルスタンドですからこんなモンで‥‥ ■そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決め手はエポキシパテ‥‥ 

ドリル固定の決め手はエポキシパテ‥‥ 先人の真似をしたらバッチリ!! ドリルにはラップを被せてパテを団子状してから、左右のパッチン‥‥ 10分ほどで硬化しました。入れ歯の型をとるのと同じ‥‥ 動かそうとしても動かない‥‥ 裏側に引きバネ(10φ×140ミリ)をセット‥‥ ハンドルレバー操作でドリルが上下に動く原理が理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試行錯誤が続きます

ドリルスタンドのDIY再開、作業は氷点下のガレージ内ですから、しもやけ・あがぎれ注意!! 当初、大きいドリルを予定してましたが小さい方に変更します。 小さな方でもチャックは10ミリまでいけるので問題ありません。 この状態でキリが垂直かどうか?調整出来ます。 垂直の状態でどのように固定化するかが悩みどころですね。ドリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手直し2題‥‥

ログのテーブルですが、円形の敷物を覆うガラスがいまいち不安定、四隅に滑り止めを入れても‥‥ 手直しをしましょう。トリマーで円形の凹みを‥‥ いい加減なサークルカット治具でも割ときれいに出来ました。 物差しを置いてレベルをチェック‥‥ 天板の所だけサンダーを掛けて、前回塗った塗料を落としてから、再塗装‥‥ 四隅がピッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ直ぐな穴をあけたい

DIYに目覚めてからウン十年‥‥材に対して垂直な穴あけは諦めていました。ここらあたりが大ざっぱな性格‥‥ 最近、丸ノコテーブル等で正確なカットが出来るようになると、穴あけもなんとかしたいと思うようになりました。ボール盤を買えばいいのですが、それではつまらない‥‥手持ちのドリルでなんとかしたい。電動ドリルスタンドをDIYされている方がた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほぼ完成形‥‥

集じん機スタンドにハンドルが付いた‥‥  これが使えるのは、先日の手押しかんなとトリマーです。残念ながら手持ちの丸ノコ等は(製造が古いので)集じん装置を取り付ける仕様になっていない‥‥ ■それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励みになります。勉強になるブログがいっぱいあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古い掃除機がよみがえりましたね

掃除機本体のホースが短い、そんなことで画像のようにホース口を持ち上げました。 吸い込み側もホースを取りつけて試運転、プラバケツに削りカスがたまり、掃除機のダストパックはほぼ空っぽ‥‥ 古い掃除機がよみがえりましたね。 木部は防腐材を塗り完成!! キャスターを取りつけたので簡単に移動出来ますが、腰をかがめる感じなので移動用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集じん機スタンドって、いいんじゃない‥‥

使わなくなった丸ノコスタンドを利用して、集じん機スタンド作りましょう。バラバラをひとつにまとめた方が使い勝手が良いかも‥‥ 脚にはキャスターを付けねば‥‥ ■それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励みになります。勉強になるブログがいっぱいあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイクロン集じん機‥‥

あけましておめでとうございます。 年始めのDIYは‥‥木工用のサイクロン集じん機‥‥本体はもちろんChina製‥‥ 削りカスを貯める容器は、ペール缶ではなく珪藻土もどきが入っていたプラ容器でフタは木製‥‥ 気密性が必要なようですけど、フタの円形部分がプラ容器にピッタリなのでこのままでいけるかも‥‥ 50ミリの集じん機用ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019さらば‥‥

2019年も「狩萬の里」にお立ち寄りありがとうございます。個人的には6回目の干支を迎える身体、それなりにガタがきていますが、何はともかく病気とは無縁で過ごせたことが一番‥‥2020年もよろしくお願いします。 リビングテーブルは手直しが終わり、強化ガラスを待つ状態‥‥ ■アクセスカウンターの運用を開始します。 ■それぞれポチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試し削りの結果は?

カンナ前方に設けたガイドは邪魔もので取り外しました。削りカスが吹雪のように舞い‥‥たいへんなことに‥‥ 集じん装置が必要ですね。彩の国に使っていない掃除機があるそうなので、サイクロン集じん機を作りましょう。 直角はいい感じ‥‥ 玄関横に積み上げました。これで年内の薪運びは終了です。 ■それぞれポチッとポチッとしてくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・手押しカンナを自作

前だけ直角のガイドを設けましたが、動かせないとどうなるのだろう。削り深さ0.5ミリ等に固定したらこれでいけるかも‥‥さあ、試し削りが楽しみ‥‥ 直角はバッチリ‥‥ 電気カンナの固定は、3分のボルト(3/8×15センチ)とサドルで‥‥ ■それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励みになります。勉強になるブログがいっぱいあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手押しカンナを自作

使っていない電気カンナを手押しカンナに‥‥皆さんやっていますね。検索したらゾロゾロ‥‥いいとこ取りでいきま〜す。初めはカンナをひっくリ返してやろうと思ったけど、真横に置くスタイルに変更しました。 まずは、天板に電気カンナ横の凸部分がピタリとおさまるように開口を設けます。あとは電気カンナを天板に直角に固定出来れば完成‥‥簡単でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田舎暮らしでは重要な‥‥

ログハウス造りをしていなくても田舎暮らしでは重要なチェーンソー、伐採前にメンテナンス‥‥254はきれいにして物置に‥‥ご老体ですから冬眠してもらい来春に備えます。寒い時はヒーターハンドルが付いた346が一番‥‥ 直炊き風呂、焚き口のセメントがボロボロはがれて‥‥ 耐火モルタルで周囲をおさえました。ソーラー温泉も冬眠中なもので、か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・リビングのテーブル直し

まずは側面と裏側をきれいに‥‥ 天板は中央が凸気味なので、曲面カンナ掛け‥‥ サンドペーパー掛けまくりで粉まみれの一日‥‥ きれいになりました。 ■それぞれポチッとポチッとしてくださいね、励みになります。勉強になるブログがいっぱいあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more