テーマ:石窯のある暮らし

たまにはやらねば‥‥

石窯のメンテナンス、煙突廻りを補修です。耐火モルタルに普通セメントを1割くらい混ぜてみました。 熱電対センサー(Kタイプ)を交換します。長さは同じ3mで最高温度は800度まで計測できます。 古い方はケーブルがむき出しでいつ切れてもおかしくない状態でした。デジタル指示調節計はazbilのSDC15を使った自作です。 扉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぱっくりクープにならず

雨の日はカンパーニュを焼きます。いろいろ調べた情報で焼いたのですが、ぱっくりクープにならず、再度チャレンジしましょう。うまくいったらレシピを公開しますね。 石窯ピッツァの画像をmarumiyaさんが送ってくれたので公開で~す。まずは火入れ‥‥そして一時間半後‥‥ こちらは火入れから二時間後、焼き床は400度超え‥‥ ゲ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋外だと生地が乾いちゃうね

陽ざしは暖かいのですが風が冷たい、そんな日に始めて屋外で生地を成形してピッツァにチャレンジです。想像以上に生地が乾きます。 窯入れ用の木製パーラーに載せるのはスムーズです。 学習の成果ありで、窯入れもバッチリ!! プロの動画を真似して、回転パーラーに載せて焼き色を付けたり‥‥ 裏側の焼き色も確認して焼きあがり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

開墾&薪割り&石窯のバージョンアップ

ブルーベリー畑の方はカタクリさんが細かい根を片付け、管理人は扇状の左側に階段を設ける為に整備中です。 仮積みしてあった玉切り材と、昨日玉切りした材を薪割りして、軽トラに積み込みます。 薪だなに積み上げました。まだもう少しいけます。 石窯の下部ですが、高さがあるので灰受けのスペースを設けました。蓄熱ブロックを立てて置き、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狩萬にも春がやって来る

福寿草があともう少しで開花します。昨年はとチェックして見たら3月初旬に咲いています。やはり暖冬傾向は確実に進んでいますね。 ガラパゴス携帯にこだわっているわけではないのだけど、もう5年ほど同機種を2台契約しています。電話とメールとスイカ(最近はほとんど電車に乗りませんが‥‥)、もう一台は色違いをカタクリさんが使っています。こちら電…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2日連続ピッツァです

今日は上下の窯で焚いています。 強力粉3/4、薄力粉1/4にチャレンジです。なんと2日連続ピッツァ、好きですな~ 窯入れはプロの動画を見て学習中、繰り返しての練習、これしかありませんね。300度~450度、3分ほどで焼きあがります。生地は昨日の強力粉2/3、薄力粉1/3の方が美味しいかも‥‥ 上下の窯で焚いたのはピッツ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

試行錯誤で焼いています

赤外線温度計ですが、MAX500度と言うことで、チャレンジしたら522度が最高値でした。 試行錯誤で焼いています。今日の生地は強力粉2/3に、薄力粉1/3の割合です。モチモチ、サクサクで美味かった~。 窯入れ用パーラーから焼き床に落とす所で苦戦しています。バジルが無いので色取りにはほうれん草、ポパイなら喜ぶでしょうね。 木製…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思い出すと‥‥

灰かき棒を作りました。石窯専用にします。シャフトはTVのアンテナ用ポストで灰かき部分は1ミリ厚の鉄板を加工してピアスビスで固定です。柄の部分はピッツァのパーラーと同じく木製です。 灰かき部分の鉄板が薄いので乱暴にあつかうと曲がりそうですな~、上は直炊き風呂で使っているものです。 石窯専用の薪作りです。スギとアカマツがメインで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この冬の最低気温を更新!!

午前5時39分にマイナス9度を記録です。移住してから12年、今までの記録はマイナス15度近く、仮住まいの小屋でモコモコ着て羽毛の象足を履いたまま寝ていたことを思い出しました。 屋外気温をデータとしてを記録している温度計ではなかったのでアバウトですが‥‥  モルタルはマイナス9度でも掛け布団のおかげで「暖かい夜だった」そうな‥‥ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

毛布に掛け布団が2枚必要!?

朝イチというか、気温がプラスになってから、耐火モルタル+モルタルです。煙突に直接接する部分は耐火モルタルで周囲は普通のモルタルです。 耐火モルタルを硬化させようと少し薪を焚きます。煙突に直接接する部分の水分が飛んで行きます。いいところで雪が舞ってきました。急遽昨日外した角トップで覆います。 雪はほんの一時的で良かった。夕方チ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

角トップから丸トップに!!

石窯の煙突掃除とチムニー(煙道)内部の点検です。手作りの角トップを外して‥‥   石窯のダンバーは150ミリで、シングルを1本つないでチムニー内で手作りの二重煙突です。 煤はお茶碗1杯ほど、チムニーも異常無しです。防水用のモルタルがボロボロで元通りに戻すのが大変そう。そこで考えました。 200ミリのトップが無いので、手持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピッツァ パーラーを2本

パーラーとピールの違いがよくわからないのだけど‥‥ 管理人の認識では柄が短いのがピール? 長くて回転させるようなのをパーラー?  諸先輩の皆さま、優しく教えてもらえたら嬉しい!! テキスト本にはピッツァ パーラーとなっていたので、今日の所はパーラーでいきます。まずは回転用(焼成用)です。ジグソーで厚さ1ミリのステンレス板を卓球のラケッ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

薪がらみ

焚き付け用に小割です。ほぼひと月分を確保しました。 薪だなが空っぽになったので、進入路脇に仮置き積みしてあった薪を移動です。未完ですから、明日も続きを行います。 薪の中から見つけたヤマザクラを加工して焼き室の左扉ハンドルを交換しました。焦げていたもので‥‥左右交換のつもりで2ヶ作ったので1ヶは予備にしま~す。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

買っちゃいました!!

赤外線放射温度計です。石窯で使おうと思いますが、今日はJØTULで使って見ました。なかなか遊べます。 レーザーポインタを扉中央の枠に当てています。 選択の基準は最低でも500度まで計測できること、電池が単3または単4(角形の9Vは嫌いでしゅ‥‥)、レーザーポインタ付きです。あとは安いにこしたことはありませんが‥…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コナラ4株は「伐根せず」を選択?

コナラ4株は「伐根せず」を選択?(まだ決定ではありませんけど‥‥ )そんなことで根元をチェーンソーでカットしました。どうしても土を伐ってしまうので刃はボロボロ‥‥ 寒中ですから、薪ストーブを朝から寝るまで焚いています。この時期は玄関横の薪だなもほぼ一週間で空っぽになります。 石窯でライ麦入り山食パン2斤…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初石窯

2016年の初石窯です。ピッツァからパンと素直な順番で焼きました。 最近の運用としては2段の連続燃焼窯なのですが、上で焚いて温度を上げてピッツァ、灰を下の窯に落としてから上の窯でパンを焼くという使い方です。 パルミジャーノチーズをおろし器でサッサッサと‥‥  香りがたまりませんな~。昼からビールで乾杯!! …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

火遊びの後は‥‥

火遊びの後はひび割れの補修で耐火モルタルです。思いついた時にしておかないとね。 以前から気になっていた本が届きました。中古本がでていたので‥‥   著者は元東電のエンジニア、現在は高知県に移住し、電力会社に頼らないオフグリッド生活を実践しています。今夜はロッキングチェアーに座り自前の灯りで読書でしょう。 ■それぞれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は三ヶ所で火遊び

ガスオーブンがいまいち不安定でヨタヨタなんです。メーカーにみてもらったら基板不良で製造から10年以上経過しているので基板がありません。オーブンだけの交換が可能ですと見積りをもらいましたが‥‥ 管理人的には本当に逝ってしまうまで使おう‥‥デス。  そんなこともあり石窯に火を入れご機嫌うかがいです。パンを焼き、〆はピッツァでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ピッツァが焼き上がり

7/10石窯ピッツァ+ヨーグルト+田舎パン では仕込み中の画像だけでしたが、今日は焼き上がりの画像です。なんと若いお姉さんがふたりも‥‥ 年齢構成は20代が3人、40代が1人、60代が2人とバランス取れて?ますね。ピッツァは前回と同じメニュー(3枚)+あまりものトッピングピッツァが2枚、合計5枚です。 ジャガイモのピッツァは我が家…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

石窯ピッツァ+ヨーグルト+田舎パン

友人を招いてピッツァパーティです。始まってからの画像は1枚も無しです。食べたり、飲んだリが忙しくて‥‥ 仕込み中のピッツァ3枚を公開デス。1枚目14インチサイズのトマト+モッツァレラ+ピーマン+玉ねぎ+パルミジャーノのピッツァです。石窯温度400度、焼き時間4分です。 ジャガイモとベーコン+玉ねぎ+ローズマリー+パルミジャーノのピ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日曜日もいろいろ‥‥

クリ材を実際使う向きにユンボでセンター付近を持ち上げて180度回転させました。左右の角材もレベルを確認し、ドリルで穴をあけて貫通させます。4分のボルトを差しこんで見ました。 木口を密着させた所もボルトを貫通させて固定します。座金の手持ちがないので、ここまでとなりました。 屋根の雪がいつまで待っても解けません。北側に向かってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪割りも始めました

林道脇に置いてあったコナラを運びます。1本のコナラでちょうど軽トラいっぱいです。 薪割りも始めました。シーズン始めですから、まずはグレンスフォシュの斧でいきます。伐採して一週間もたっていないので太くてもスパッと割れます。デッキ下部の薪だなの6区画のうち1区画も空きがないのでガス給湯機前の小さなスペースに積むことになりました。まる2…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

元山女がゲストです

週末、元山女がふたり遊びに来てくれました。今はやりの山ガールではありませんぞ!  元山男と元山女が昔話しで盛り上がりました。夜遅くまで‥‥  張り切って石窯ピッツァ屋もオープンして、マルゲリータとアスパラ+トマトのピッツァです。残念ながら今回で我が家のバジルはおしまいデス。 紅葉の時もいいけど、くそ寒い季節も良いものです。ログハウス内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石窯小屋の雪対策

久しぶりの石窯プロジェクトで小屋の雪対策です。屋根が桁から1m以上出ているので、2月のような積雪があったら屋根に被害が出ます。そこで4m材を垂木に固定して大きな頬杖を(2ヶ所)設けました。中央付近にも1ヶ所必要なんだけど柱がないので、支え棒を用意して大雪に備えましょう。これで積雪1mにも耐えられる?かな~ 外階段Ⅱプロジェクトの方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

題して「外階段Ⅱプロジェクト」です

石窯の脇から登る階段を作りま~す。題して「外階段Ⅱプロジェクト」です。まずはササラ桁をセットする土台を上と下に作ります。上は法面の近くなのでブロックの上に角材を渡して土台とします。 下部はヤードで仮組みに使ったコンクリートの平板を2枚並べて廻りをモルタルで固定です。 今回の塗装では良い刷毛を使いましたね。HCで一番高い!?水…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まあ、しばらく使ってみましょう!!

午前中は歯医者やら車のオイル交換に行っていたので、午後から椅子のえくぼを仕上げです。届いたガードラックを塗りました。まだ重た~い。脚の底を臼のようにくりぬくか? 塗装が終わってから思いつくとは‥‥ まあ、しばらく使ってみましょう!! テーブルの方も天板の部分に塗装です。明日は全体を塗りましょう。その結果、天板だけが2度塗りとなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狩萬ではキャンプも出来る!!

ゲストが来れば定番!? マルゲリータとトマト+ピーマンのピッツァです。モッツァレラは1キロサイズを小分けして冷凍してあります。もうそろそろバジルが終わりそう、来年は時期をずらしてもっとたくさん植えよう。 昼間から「麦とホップ」をやってます。 夜の宴の準備、まずはタープを張ります。3角の表示板も置いて見ました。 カセッ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

パーマチンクを使って見ました

数年前に塗装の講習会でもらったチンキング材です。ログハウスの隙間充填材ですから、半割丸太(天板)の隙間に使うと言うのは正しい?使い方でしょう。 天板裏側の虫食いはドリルで穴あけ後、ホウ酸を入れてから埋め木です。 杉の赤身を使ったのだけど板目の向きをあわせれば良かったな~、まあ良いでしょう。 石窯の脇に置いて見ました。明…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

意味はないけどケツは隠すモンでしょう

今日も雨がパラパラでガレージプロジェクトはどろんこ遊びになるのでお休みです。 3月から始まった石窯プロジェクトですが、半年でなんとか完成デス。最後は石窯の後ろ側に面格子を取り付けました。特に意味はないのですが、ケツは隠したい 砕石も入れてきれいになりました。 最後なのでもう少しレンガにダメージ?を付け…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

バージョンアップもひと区切り

石窯を覆うレンガ積み、アーチの部分までつながりました。ダンバー廻りは耐火モルタルを埋め込んだ感じです。 次のバージョンアップは後ろ側に面格子を取り付けましょう。 昨日の石窯運転ではプロラボ(写真の現像所)で使っていたプログラムタイマーを使って見ました。任意にブザー設定できるのでそれなりに使えますね。レトロでしょう!! …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more